お月様に引き寄せられた?それとも自分?

この秋からスタートした月を読む塾。月読み塾で「月を読むということ」「月相で読み解くライフリズム」を学びました。

アシュタンガヨガの練習を本格的に始めた2005年、満月と新月は練習をお休みするというルールを知り、月のリズムを意識するようになりました。それまではお月様といえば、セーラームーン・お月見・お団子・オオカミ男・うさぎ。自然の中では月経・潮の満ち引き・出産・産卵などでした。

太陽暦、太陰暦、太陽太陰暦の存在。なんとなく、もの心ついた時から、旧のお正月やお盆の存在をテレビやニュースで馴染みがありました。

ツクヨミノミコト(月読命)日本おいて月の神様は、男性神。一方、アマテラスオオミカミ(天照大神)は女性神。この辺りもなんとなく、お伊勢さん(伊勢神宮への参拝)で馴染んでいたように思います。

そして、月以外に太陽、水星、金星、火星、木星、土星。こちらもセーラームーンからのインパクトが大きいです。生命の起源は海という説にも、お産や産卵などでイメージがつきやすかったです。

また、月による避妊法を提唱したユージン・ジョーナスさんは、受精時の天空上での月の位置によって高い精度で予知できることを発見したそうです。もし、受精が横道十二宮の「男性」星座(おひつじ座など)で起これば、子供は男の子になり、「女性』星座(おうし座など)で起これば女の子になるそうです。神秘的!

月のお勉強、楽しくて仕方ないです。お月様に引き寄せられたのか、それとも自分!?答えままだまだ先まで楽しみにしたい案件です。

さて、月辺には臓器のお名前がたくさんついていますね。そこにも興味シンシンで、経絡や陰陽五行の勉強もしていたので色々と繋がりそうでわくわくしています。

ヨーガアーサナにおいて、自分の練習やクラスに参加されている方々の身体の使い方や体調、会話からの心理状態などお月様からの知恵をいただいて皆様のお役に立てるようになりたいなー思っています。

【ケイマナヨガスタジオ】

・京都市伏見区竹田中内畑町181番地 コスモハイツ1F
・TEL:075-612-3211
・近鉄竹田駅、南改札口から西出口を出て南へ徒歩3分
・定休日:月曜日
・ホームページ:京都伏見のケイマナヨガスタジオ
・LINE@登録:

※LINE@友だち登録は、以下のQRコード読み取りでも可能