ヨガの歴史

ヨガの歴史

ヨガとは、「牛や馬と車をつなぐ軛(くびき)」が語源です。

心、体、真我(魂)を宇宙の万物と結びつける修行法のひとつとして、今からおよそ4500年前のインダス文明で生まれました。

最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」には、具体的なヨガの実践方法が記されています。

「ヨガスートラ」によると、ヨガは「心の動きを抑制する方法」と定義され、心身をコントロールする多様な修行法により、真の苦しみからの解放を目的とすると記されています。

1000年頃には、ポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)などの、肉体を浄化し強化する鍛練によって、自己を超越したゆるぎない境地を目指す「ハタヨガ」が出現しました。

ハタヨガは、現在世界中に普及しているヨガのポーズの源流となっています。ハタヨガの教えをベースにした新たな流派が次々に生まれ、それがまた複雑に融合しながら現代のヨガへとつながっているのです。

【ケイマナヨガスタジオ】

・京都市伏見区竹田中内畑町181番地 コスモハイツ1F
・TEL:075-612-3211
・近鉄竹田駅、南改札口から西出口を出て南へ徒歩3分
・定休日:月曜日
・ブログも更新中:ケイマナヨガスタジオのブログ
・LINE@登録:

※LINE@友だち登録は、以下のQRコード読み取りでも可能