わたしのロックダウンは一年前から始まっていた

つれづれ記事

わたしのロックダウンは、ちょうど、一年前から始まっていました。

 

2019922

インド・マイソールにヨガ修行に行く、3日前のこと。

 

2カ月間、スタジオを留守にするので、ヨガクラスの先生方に向けて、勉強会を開いていました。

 

突然、今まで味わったことのない、尋常じゃない激痛が、奥歯から背中と胸に。

 

「救急車、呼んで」と、言ったまま倒れ込み、救急搬送され、緊急手術を告げられました。

 

モウロウとする意識と激痛の中、救急隊やドクター、看護師さん達の会話の一部分、今でもハッキリ覚えています。

🚑「コレ、早よせなアカンやつや」

👨🏼‍⚕️「手術できる先生、今、遠い所にいはるねん」

🚑「ワシ、○○病院に友達おるねん」

👨🏼‍⚕️15.6時間の手術になるよ」

🚑「身内の連絡先、急いで、早く」

👩🏻‍⚕️「良かった、○○病院に移動」

👩🏻‍⚕️「このやり方、○○病院と逆やけど、仕方ないな」

👨🏼‍⚕️「ドクターカーが迎えに来るよ」

🚑「目を開けて」

 

❇︎❇︎❇︎❇︎

 

最初に運ばれた△△医療センターで、造影剤を入れての検査、挿管、首、両腕は点滴や、なんやかんや。

 

来ていたヨガウェアは、ハサミで切断。

 

ドクターカーに乗った時点で既に、身体中、管だらけ。

 

○○病院から、ドクターカーに乗って迎えに来てくれた声の低い先生に、「そんな、目、閉じてばっかりせんと、しっかり目を開けて」と、何度も何度も起こされました。

 

その、声の低い先生が、緊急手術をしてくださった先生の一人で、現在の主治医の先生にあたります。

 

❇︎❇︎❇︎❇︎

 

わたしの記憶はここまで。

次に目が覚めたのは、翌日のICU

更なる管の数と、ブラックジャック並みの傷跡にドン引き。

 

目が覚めたときに聞こえきた、会話。

👩🏻‍⚕️「あ!目、開いた」

👨🏼‍⚕️「安定剤多めに入れといて」

👨🏼‍⚕️「痛み止め早めに入れといて」

👨🏼‍⚕️「しっかし、血圧高いな」

 

何が原因で、どんな手術をしたのかをちゃんと理解したのは、たぶん1週間後くらい。

 

ICUでの記憶はキラキラしていて、光に包まれて、まるで万華鏡の中。

 

暖かくて、よく眠り、安全地帯だった。

2.3日すると、暑くて、熱くて、仕方なかった。

 

とにかく、背中と胸が、燃えるように。

ある程度、状況を把握したら、のどが渇いた。

 

一番最初に、飲みたかった飲み物。

「フルーツ牛乳」(笑)

NG、やった。

まだ、水分アカンかった。

 

❇︎❇︎❇︎❇︎

 

病名は

急性大動脈解離 Stanford A

高血圧症

 

❇︎❇︎❇︎❇︎

 

関係各社の皆様方、大変ご心配と、ご迷惑をおかけ致しました。

お陰様で、元気に過ごしています。

そして、これまで、わたしに関わってくださった皆々様。

お世話になりっぱなしで、申し訳ありません。ありがとうございます。

知らず知らずのうちに、ご迷惑おかけしていたら、ごめんなさい。

この場を借りて改めて、お詫びさせていただきます。

しばらく静養していましたが、ゆっくり社会復帰しています。

今後とも

どうぞ宜しくお願い致します。

❇︎❇︎❇︎❇︎

つづく。

タイトルとURLをコピーしました